2018年6月オルガンコンサート
2018年軽井沢コルネ オルガンコンサート
新緑の中 時空を超えた演奏をフランスのオルガンで聴く
軽井沢のオーベルタンオルガンで聴きたい演奏家の一人
日時 6月17日(日曜日) 午後2時30分開演
演奏 新山恵理 (東京藝術劇場副オルガニスト)
曲目 L.N.Clérambault : Suite du deuxième ton
    L.N.クレランボー:第二旋法による組曲
    L.Marchand : Grand dialogue
    L.マルシャン:グラン・ディアローグ  他
会費 2000円
会場 軽井沢コルネ音学堂

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2018-05-20 11:14 | コンサートインフォ
2018年4月・5月コンサート


c0223309_21060342.jpg
c0223309_20522541.jpg
c0223309_21150675.jpg
c0223309_21094653.jpg
2018年 軽井沢コルネ 春のゴールデンウィーク コンサート
古楽名門 スイス・バーゼル・スカコラ・カントールムで 学んだ
古楽奏者が来日、一同に会し 中世音楽 演奏
~中世後期の歌曲と器楽作品より~ 貴女の想い出
日 時 4月30 日(月曜・祝日) 午後2時30分 開演
演 奏 ドロン・シュライファー(カウンターテナー)       
    コリーナ・マルティ(クラヴィシンバルム/中世リコーダー)
    ミハル・ゴントコ(中世リュート)
    西山まりえ(中世ハープ)
曲 目 ギョーム・ド・マショー
    ピエール・デ・ラモン
ジャクマール・キュヴリエ
フランチェスコ・ランディーニ
会 費 2500円 会 場  軽井沢コルネ

c0223309_23434314.jpg

軽井沢コルネ オルガンコンサート
ヨーロッパ オルガンの音色
日本人作曲家作品を新緑の中で聴く
日 時 5月5 日(土曜・祝日) 午後2時30分 開演
演 奏 小島弥寧子 (オルガン)
曲 目 J.S.バッハ : キリストは蘇りたまえり BWV627
    柿沼 唯 : 6つのプレリュード ほか
会 費 2000円 会 場  軽井沢コルネ

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2018-04-03 21:10 | コンサートインフォ
2018年ミッシェル・シャピュイ追悼オルガンコンサート
ミッシェル・シャピュイ追悼 オルガン コンサート
冬の軽井沢静けさのなか まっ白な雪を眺め暖かな部屋で聴く
日 時 1月20日(土曜日) 午後2時30分開演
演 奏  早島万紀子
曲 目 J,ボォワヴァン 第3旋法による組曲 W.A.モーッアルト 幻想曲 へ短調 K.608ほか バッハなど
ヴェルサイユ宮殿王室礼拝堂オルガンによるフランス古典期即興演奏を影像と音響でシャピュイを偲ぶ
会 費  2000円 
会 場  軽井沢コルネ フランス オーベルタン・オルガン 
     長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229TEL/FAX  0267-44-1230 大澤

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-12-31 18:14 | コンサートインフォ
2017年クリスマスコンサート
2017年クリスマスコンサート
クリスマスの軽井沢で聴く
パイプオルガンとトランペットの響き
日時  2017年12月10日(日曜日)午後2時30分開演
演奏者 オルガン 今井奈緒子 (いまい なおこ)
    トランペット 神代 修 (くましろ  おさむ)
曲目  H. パーセル ソナタ (trp.+org.)
    W.A. モーツァルト アレルヤ (trp.+org.)
    J.S. バッハ カノン風変奏曲「高き天よりわれは来たり」(org.) ほか
会費  2500円
会場  軽井沢コルネ音学堂
お問い合わせ karuizawa-cornet@abeam.ocn.ne.jp
歴史的オルガン研究家・オルガンビルダーの横田宗隆氏にオルガニスト今井奈緒子が
製作依頼したオルガンとフランスオーベルタンオルガンで演奏いたします。

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-11-15 00:50 | コンサートインフォ
フランスオルガンの巨匠ミシェル・シャピュイ 天に召されました
フランスの巨匠ミシェル・シャピュイ先生が2017年11月12日天に召されました。
ノートルダム聖堂、ベルサイュ宮殿王室礼拝堂オルガニストを歴任しフランス古典音楽を極め、そのまれに見る即興演奏は神がかり的といわざるを得ず、何時間にもわたりその音楽を惜しみなく、大伽藍の中で我々に聴かせてくれました。軽井沢のオルガンがフランス、クルトフォンテーヌのオーベルタン工房で完成したときの試奏をお願いし、工房の中をオルガンの音の渦で満たしてくれた事は今でも忘れられません。軽井沢に移設、お披露目の演奏を快く引き受けていただきました。日本にフランスの古典期のオルガンとフランスオルガン音楽を根付かせるため、山梨白根町のオーベルタンオルガン設置後、毎年10年間にわたりフランス古典オルガン音楽の講習会講師として来日した親日家です。即興の素晴らしさは来日した時に録音したCDでしか今となっては聴く事が出来ないのは残念なことです。
[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-11-15 00:29 | コンサートインフォ