<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
9月のフレンチビュッフェ&コンサートに寄せて
c0223309_14142088.jpg

9月のコラボコンサートに、去年に引き続き出演なさる小島弥寧子さん(写真上)が、ご自身のブログでコンサートへの意気込みを綴って下さっています。こちらでもご紹介させていただきますね。

9月18日は、カウンター・テノールの本岩孝之さん、
バロック・ヴァイオリンの天野寿彦さんとともに、
9月19日は、尺八の加藤秀和さんとともにアンサンブルをお届けします。
さわやかな秋の軽井沢の午後、コンサートを聴いていただいた後は、
フレンチ・レストランカストールの美味!な
アウトドアークッキング(ビュッフェ)をお楽しみ
いただけるという、すてきなコラボ企画です。


第1日目 9月18日 【秋の軽井沢・バロックアンサンブルの午後】
今年の秋の軽井沢のコンサート、第1日目は声楽、ヴァイオリン、オルガンによるバロックアンサンブルの響きをたっぷりお楽しみいただきます。

c0223309_14135178.jpg


本岩さんは↑、カウンター・テノールという特殊な音域を出すことのできる、数少ない歌い手のひとり。かつて、ヨーロッパの教会では女性が聖歌隊で歌うことが禁じられていたために、女声のアルトパートを男性がファルセット(裏声)を使って歌うようになったのがカウンター・テノールの始まりです。

c0223309_14133363.jpg


一方天野さん↑は現代使われているモダン・ヴァイオリンではなく、バロック時代に演奏されていたそのままの形、音色のバロック・ヴァイオリンを弾きこなすエキスパート。



そんなお2人とオルガンで共演するのは、まず3大アヴェ・マリアのひとつと言われて、親しまれているカッチーニのアヴェ・マリアです。この曲は本岩さんの十八番で、これまで2人で何度一緒に演奏したことでしょうか。実はカッチーニの作品ではないのでは?などと言われている謎に満ちたものですが、なにはともあれ名曲です。

そして、バッハのマタイ受難曲の中でも一番有名なアルトのアリアを。世にも美しいヴァイオリンの旋律が心に染入ります。

また、今回のプログラムの中でオーベルタンオルガンの輝きを最も引き出すと思われる、フランス古典期に活躍したクレランボーの第2旋法のミサ曲は、グレゴリオ聖歌を組曲の間にはさみながら演奏を進める、昔のフランスのミサの形式を再現してみます。軽井沢にいながら、まるでフランスの修道院にいるような感覚をその場にいらっしゃる皆さんと共有できたら幸せです。

さらに、バロック・ヴァイオリンの音色もじっくり堪能していただきます。「人類史上」とか、「世界一」美しいヴァイオリンの秘曲、と言われているビーバーのロザリオのソナタから、第1番「受胎告知」をオルガンの通奏低音とともにお送りします。


第2日目 9月19日 【和の笛・洋の笛】

コンサート第2日目は、がらっと雰囲気を変えて。
たくさんの笛が一緒に鳴るヨーロッパの歴史的な楽器、オルガンに日本の伝統的な竹の笛、尺八がたった一本で挑みます。

c0223309_14215624.jpg


尺八の加藤秀和さん↑とは昨年秋に軽井沢でご一緒した後いくつかのコンサートを経て、2人でいろいろ試したり話あったりしながらすこしずつ尺八に合うもの、合わないものを探ってきました。

この楽器の最大の特徴は音と音の間にある、楽譜には書き表すことができない高さの音も表現できるということ。イタリアバロック最大の作曲家、フレスコバルディの半音階的リチェルカーレはそんな尺八の響きに驚くほどぴったり合います。

半音階の感じがより強調される、音と音の間を自由に行き来する奏法、そして加藤さんの奏でる霊的ともいえる音色は圧巻です。

また、オルガン曲のなかで一番有名なあのトッカータニ短調に、尺八にもアドリブで参加していただきます。

加藤さんは即興的な演奏もお手のもの。
とんでもなく斬新で、バッハもびっくり!するようなトッカータが生まれるかもしれません。さらに今回は、オルガンと尺八のためにつくられた曲をぜひプログラムに加えたい、という思いから、オルガニストの酒井多賀志氏が作曲された「オルガンと尺八の為の対話」を演奏します。

尺八本来の厳密なピッチにこだわらない、西洋の楽器からすると不安定な美しさ曖昧な良さを存分に生かしながら、オルガンとの刺激的な対話が繰り広げられます。加藤さんはひとたび演奏する段になるとすっと姿勢が正されて、腰がしっかり決まって「気」が入ります。その場の空気が一瞬にしてぐっと締まるのを感じます。

私も彼が作り出すそのすごい空間に、なんとか必死で食らいついていきたいものです。

さあ、どんなサプライズが生まれるでしょうか。

9月の軽井沢の心地の良い風と午後の陽射しの中で、美味しいお料理と音楽をお楽しみください。お待ちしています!

お申し込み&詳細はこちら
[PR]
by karuizawa-cornet | 2010-09-09 14:27 | コンサートインフォ
9月のコンサート
c0223309_144406.jpg


9月のコンサートは、ビュッフェスタイルでのフランス料理と、コンサートのコラボ企画です。

去年に引き続き、オルガニスト小島弥寧子さん率いる、グループによる2日間連続のコンサートです。ちなみに、プログラムと、小島さん以外の出演者は両日、異なります。

森林の中でコンサートの後は、ビュッフェスタイルによるフランス料理を楽しみませんか?

◆コンサート&フランス料理のビュッフェ◆


●9月18日(土) 

14:00~ コンサート「バロック アンサンブルの午後」 
演奏 カウンターテナー:本岩孝之 バロックバイオリン:天野寿彦 オルガン:小島弥寧子
    
15:30~ フランス料理店 『カストール』 によるビュッフェ

●9月19日(日)

14:00~ コンサート 「和の笛、洋の笛」
演奏 尺八:加藤秀和 オルガン:小島弥寧子

15:30~ フランス料理店 『カストール』 によるビュッフェ

●会費
各日 コンサート 2500円(コンサートのみご参加可)
各日 ビュッフェ 3500円 (カストールに事前予約必要)

会場 軽井沢コルネ (軽井沢 オーベルタン・オルガン)場所の説明はこちらをクリック
長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229 
Tel : 0267-44-1230 大 澤

コンサートのお問い合わせ:karuizawa-cornet★abeam.ocn.ne.jp
(★を@に換えて送信してください) 
    
ビュッフェのお問い合わせ:レストラン・カストール
Tel:03-3535-5035(http://www.2castor.com/
[PR]
by karuizawa-cornet | 2010-09-08 23:18 | コンサートインフォ