カテゴリ:コンサートインフォ( 67 )
2017年クリスマスコンサート
2017年クリスマスコンサート
クリスマスの軽井沢で聴く
パイプオルガンとトランペットの響き
日時  2017年12月10日(日曜日)午後2時30分開演
演奏者 オルガン 今井奈緒子 (いまい なおこ)
    トランペット 神代 修 (くましろ  おさむ)
曲目  H. パーセル ソナタ (trp.+org.)
    W.A. モーツァルト アレルヤ (trp.+org.)
    J.S. バッハ カノン風変奏曲「高き天よりわれは来たり」(org.) ほか
会費  2500円
会場  軽井沢コルネ音学堂
お問い合わせ karuizawa-cornet@abeam.ocn.ne.jp
歴史的オルガン研究家・オルガンビルダーの横田宗隆氏にオルガニスト今井奈緒子が
製作依頼したオルガンとフランスオーベルタンオルガンで演奏いたします。

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-11-15 00:50 | コンサートインフォ
フランスオルガンの巨匠ミシェル・シャピュイ 天に召されました
フランスの巨匠ミシェル・シャピュイ先生が2017年11月12日天に召されました。
ノートルダム聖堂、ベルサイュ宮殿王室礼拝堂オルガニストを歴任しフランス古典音楽を極め、そのまれに見る即興演奏は神がかり的といわざるを得ず、何時間にもわたりその音楽を惜しみなく、大伽藍の中で我々に聴かせてくれました。軽井沢のオルガンがフランス、クルトフォンテーヌのオーベルタン工房で完成したときの試奏をお願いし、工房の中をオルガンの音の渦で満たしてくれた事は今でも忘れられません。軽井沢に移設、お披露目の演奏を快く引き受けていただきました。日本にフランスの古典期のオルガンとフランスオルガン音楽を根付かせるため、山梨白根町のオーベルタンオルガン設置後、毎年10年間にわたりフランス古典オルガン音楽の講習会講師として来日した親日家です。即興の素晴らしさは来日した時に録音したCDでしか今となっては聴く事が出来ないのは残念なことです。
[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-11-15 00:29 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ10月コンサートのお知らせ
もみじが真っ赤に染まる軽井沢で聴く!
デュオコンサート  ~プラテーロとわたし~
2017年 10月29日(日曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 : メゾ・ソプラノ 波多野睦美 ギター 大萩康司
曲 目 : 7つのスペイン民謡より (M.ファリャ)
    ハバネラ ~ 恋は野の鳥 (G.ビゼー)
    11月のある日    (L.ブローウェル)
    プラテーロとわたし (C.N.テデスコ)全4巻より抜粋 ほか
会 費 : 3000円(会場準備のためメールでご予約ください)
会 場 : 軽井沢 コルネ音楽堂
   長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229
お問い合わせ メール ; karuizawa-cornet@abeam.ocn.ne.jp

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-09-23 14:16 | コンサートインフォ
9月古楽コンサート
初秋の夜に聴く ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロ
2017年 9月2日(土曜日) 午後 7 時 開演
演 奏 : 福澤 宏(ヴィオラ・ダ・ガンバ) 福澤 詩子(チェンバロ)
曲 目 : N.シェドヴィーユ Nicolas Chedeville17051782

   ソナタ ト短調 op.13, No.6

17世紀イギリスのLyra Violのための音楽

   リラ奏法(変則チューニング)による小品

Music’s Recreation on the Viol, Lyra-Way 1682)より
G.F.ヘンデル Georg Friedrich Handel16851759

   チェンバロのための組曲 ニ短調
M.マレ Marin Marais16851728
スペインのフォリア Folies d’spagne

会 費 : 1500円

朝のコンサート 9月6日(水曜日) 午前10時 開演
   軽井沢 ヴィオラ・ダ・ガンバ ワーク・ショップ 研修生による
   ガンバとチェンバロによる コンサート 開催 (入場無料)
会 場 : 軽井沢 コルネ音楽堂 当日オルガンの演奏はありません

2017年コンサート予定
10月29日(日曜日)午後2時30分開演
  メゾ・ソプラノ 波多野睦美 ギター 大萩康司

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-08-29 11:40 | コンサートインフォ
2017年 8月コンサート
フランス オーベルタン オルガン
夏の軽井沢で聴くオルガン コンサート
~シャルトル国際オルガンコンクール優勝~
2017年 8月22日(火曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 : 石丸 由佳
曲 目 ニコラ・デ・グリニー:賛歌『来たれ、創造主たる聖霊よ』
   パスクィーニ : かっこうの歌によるトッカータとスケルツォ
会 費 : 2000円
会 場 : 軽井沢 コルネ音楽堂
2017年コンサート予定
9月2日(土曜日) 午後7時開演 福澤宏(ヴィオラ・ダ・ガンバ)福澤詩子(チェバロ)
10月29日(日曜日)午後2時30分開演 波多野睦美(メゾ・ソプラノ)大萩康司(ギター)

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-07-30 10:42 | コンサートインフォ
2017年コンサートの予定お詫びと訂正
2017年コンサート予定につ一部訂正
10月のコンサート日程に日付の誤りがありました。
訂正しお詫び申し上げます。
10月23日(日曜日)→10月29日(日曜日)

10月29日(日曜日)午後2時30分開演
波多野睦美(メゾ・ソプラノ)大萩康司(ギター)

なお 8月にオーベルタンオルガンでオルガンコンサートを
開催いたします。近日お知らせいたします。

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-07-02 13:26 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ7月コンサート
軽井沢コルネ 7月コンサートのお知らせ
日時 7月9日(日曜日)午後2時30分開演
演 奏 <ザ・ロイヤル・コンソート>
      上村 かおり トレブル&アルト・ガンバ
      森川 麻子  バス・ガンバ
      福沢 宏  バス・ガンバ
<ゲスト> 寺神戸 亮  バロック・ヴァイオリン
曲 目 J.S.バッハ Johann Sebastian Bach 
フーガの技法 全曲 Die Kunst der Fuge BWV1080
会費 3000円
会場 軽井沢コルネ音学堂
ポリフォニー音楽の集大成とも言うべき「フーガの技法」は一つの主題を
様々に変化させ、そして組み合わせ、考えうる限りの方法でフーガにする
可能性を示した、他に類を見ないバッハ晩年の最高傑作の一つです。
より解かりやすくまた深く聴く事が出来るよう解説を加えた待望の演奏を
お聴かせします。

日時 7月23日(日曜日)2時30分開演
演 奏 ナチュラル・トランペット:ジャン-フランソア・マドゥフ
  オーボエ : 三宮 正満
  オルガ ン : 今井 奈緒子
会費 3000円
会場 軽井沢コルネ音学堂
ナチュラル・トランペットの名手フランスから来日
心に響くオーボエ、トランペットの音色とオルガン
アンサンブルの演奏のために製作されたポジティフ(横田宗隆製作)完成お披露目
当日オーベルタンオルガンでトランペットボランタリーの演奏も予定しております。

2017年コンサート予定
10月29日(日曜日)午後2時30分開演
波多野睦美(メゾ・ソプラノ)大萩康司(ギター)

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-06-07 20:32 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ5月コンサート 
2017年軽井沢コルネ古楽コンサート
騎士が歌う愛の叙情詩
~トリスタンとイゾルデの悲恋物語~
2017年 5月7日(日曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 コリーナ・マルティ クラヴィシンバルム/中世リコーダー
     西山まりえ 歌/中世ハープ/オルガネット
曲 目 散文 トリスタンより <ウィーン写本13世紀作者不詳> ほか
<愛から私の歌と涙が発し、そこから生まれて来るのです> トリスタンのメッセージより
竪琴は昔から人々に愛され、中世の時代には吟遊詩人のみならず、騎士や貴婦人たちにも広く奏されていました。ワーグナーのオペラ「トリスタン」はクラシック界でも有名な悲恋のオペラですが、元々この物語がヨーロッパ中に広く知れわったったのはもっと古い時代、13世紀から14世紀にかけてのことです。ウィーン写本「散文トリスタン」の中では、主人公トリスタンも恋人イズー(イゾルデ)も、お互いハープを歌い奏で、それを吟遊詩人に覚えさせて、遠く離れた場所に住む愛しい恋人へ密やかに自分の愛と旋律を託しています。いにしえの騎士たちが綴る〈音の恋文〉。それは雅で儚く、また強い決意を物語る見事な旋律です。世界的な活躍をする名手コリーナ・マルティと共に皆様にお届けします。
会 費 2500円
会 場 軽井沢コルネ音楽堂
長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229
普段、目にすることのない中世楽器による演奏
クラヴィシンバルムは14世紀の図面が発見され、再現された
チェンバロの前身、スイスから持参し日本で公開演奏
オルガネットは膝の上に載せ左手でふいごにより送風、
中世絵画に描かれたパイプオルガン登場。
 

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-04-18 21:54 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ3月オルガンコンサート
オルガン コンサート
チェコ・プラハからフランスに学び
ヨーロッパで活躍の若きオルガニスト
2017年 3月11日(土曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 ルツィエ・ジャコヴァ
曲 目
J.S.バッハ (1685-1750) : ジーグ風フーガ ト長調 BWV 577
F.クープラン(1668-1733): 『教区のためのミサ』よ り
                「グラン・ジュによる奉献唱」
J.K.クハシュ (1751-1829) : ファンタジア ト短調
P.エベン (1929-2007)  : オルガンと朗読者のための
『地上の迷宮と心の楽園』よ り
               - 黄金時代の偽りの約束
               - 甘美な愛の鎖    他
会 費 2000円
会 場 軽井沢コルネ音楽堂 (フランス オーベルタン オルガン)
長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229
0267-44-1230 大澤
ルツィエ・ジャコヴァ  プロフィール
チェコ共和国リトミシュル生まれ。チェコを代表する作曲家スメタナの生家の建物の上階で育つ。
プラハ音楽アカデミーにて、オルガンをヤン・ホラとヤロスラフ・トゥーマに師事。在学中に
奨学金を得てハンブルク音楽演劇大学に留学、ヤン・エルンストに師事。各地の講習会に参加し、
研鑽を積む。さらにフランスに渡り、リオネル・アヴォ、さらにパリ国立高等音楽院の聴講生として、
ノートルダム大聖堂オルガニストのオリヴィエ・ラトリーと、ヴェルサイユ宮殿オルガニストのミシェル
・ブヴァールに師事。さらにトゥールーズ国立高等芸術院にてヴィレム・ヤンセンとミシェル・ブヴァ
ールに、チェンバロを宇山=ブヴァール康子に師事。2006年に一等賞を得て同校を修了。
その後、チェンバロの研鑽を積み、2014年にプラハ音楽アカデミーのチェンバロ科を修了。
チェコのテレビ・ラジオ局の番組に定期的に出演し、好評を博す。また、リトミシュル、チェスキー
・クルムロフでの定期的な音楽祭への出演をはじめ、スペイン(マドリッド、サンティアゴ・デ・
コンポステーラ)やメキシコの音楽祭でも演奏。ヨーロッパ各地でも活発な演奏活動を行っており、
特にフランスではパリ・ノートルダム大聖堂、ヴェルサイユ宮殿、トゥールーズのサン・セルナン
教会等で演奏した。

[PR]
by karuizawa-cornet | 2017-02-20 16:18 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ クリスマスコンサート
2016年
軽井沢コルネ コンサート
クリスマス オルガンコンサート

~軽井沢コルネ収録 バッハクリスマスCD発売記念~
日時 12月11日(日曜日)午後2時30分開演
オルガン演奏 水野均
曲目
M. コレット 『新ノエル集』組曲第4番 第5
    この陽気な羊飼いたちはどこへ行く
JS.バッハ いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV659
前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547 …ほか
会費 2000円 
会場 軽井沢コルネ  オーベルタン・オルガン 
水野 均 Hitoshi Mizuno
東北学院大学経済学部経済学科卒業。国立音楽大学器楽科
オルガン専攻を首席で卒業。矢田部賞受賞。同大学院音楽
研究科器楽専攻修了。ミラノ市立音楽院古楽器科に留学。
東京藝術大学音楽学部大学院音楽研究科後期博士課程修了。
博士号(音楽)取得。オルガンを廣野嗣雄、吉田實、L.
ギエルミに師事。日本国内はもとより、ヨーロッパ各地に
おいてソロおよびオーケストラ、室内楽、合唱との共演等の
演奏活動を行うかたわら、後進の指導も意欲的に行っている。
またこれまで、盛岡市民文化ホール、カザルスホールの専属
オルガニストとして、オルガン音楽の啓蒙活動の一環として、
数多くのコンサートの企画およびコーディネートに携わってきて
いる。2002SACD「アーレントオルガン at カザルスホール」、
2010CD「バッハ at カザルスホール」、2013年東日本大震災
復興支援CDSPERANZA 希望」をリリース、いずれも各紙で非常に
高い評価を得た。桐朋学園大学音楽学部古楽器科講師、
日本基督教団早稲田教会オルガニスト。日本オルガニスト
協会会員、日本オルガン研究会会員。

[PR]
by karuizawa-cornet | 2016-11-24 11:19 | コンサートインフォ