2017年 8月コンサート
フランス オーベルタン オルガン
夏の軽井沢で聴くオルガン コンサート
~シャルトル国際オルガンコンクール優勝~
2017年 8月22日(火曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 : 石丸 由佳
曲 目 ニコラ・デ・グリニー:賛歌『来たれ、創造主たる聖霊よ』
   パスクィーニ : かっこうの歌によるトッカータとスケルツォ
会 費 : 2000円
会 場 : 軽井沢 コルネ音楽堂
2017年コンサート予定
9月2日(土曜日) 午後7時開演 福澤宏(ヴィオラ・ダ・ガンバ)福澤詩子(チェバロ)
10月29日(日曜日)午後2時30分開演 波多野睦美(メゾ・ソプラノ)大萩康司(ギター)

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-07-30 10:42 | コンサートインフォ
2017年コンサートの予定お詫びと訂正
2017年コンサート予定につ一部訂正
10月のコンサート日程に日付の誤りがありました。
訂正しお詫び申し上げます。
10月23日(日曜日)→10月29日(日曜日)

10月29日(日曜日)午後2時30分開演
波多野睦美(メゾ・ソプラノ)大萩康司(ギター)

なお 8月にオーベルタンオルガンでオルガンコンサートを
開催いたします。近日お知らせいたします。

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-07-02 13:26 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ7月コンサート
軽井沢コルネ 7月コンサートのお知らせ
日時 7月9日(日曜日)午後2時30分開演
演 奏 <ザ・ロイヤル・コンソート>
      上村 かおり トレブル&アルト・ガンバ
      森川 麻子  バス・ガンバ
      福沢 宏  バス・ガンバ
<ゲスト> 寺神戸 亮  バロック・ヴァイオリン
曲 目 J.S.バッハ Johann Sebastian Bach 
フーガの技法 全曲 Die Kunst der Fuge BWV1080
会費 3000円
会場 軽井沢コルネ音学堂
ポリフォニー音楽の集大成とも言うべき「フーガの技法」は一つの主題を
様々に変化させ、そして組み合わせ、考えうる限りの方法でフーガにする
可能性を示した、他に類を見ないバッハ晩年の最高傑作の一つです。
より解かりやすくまた深く聴く事が出来るよう解説を加えた待望の演奏を
お聴かせします。

日時 7月23日(日曜日)2時30分開演
演 奏 ナチュラル・トランペット:ジャン-フランソア・マドゥフ
  オーボエ : 三宮 正満
  オルガ ン : 今井 奈緒子
会費 3000円
会場 軽井沢コルネ音学堂
ナチュラル・トランペットの名手フランスから来日
心に響くオーボエ、トランペットの音色とオルガン
アンサンブルの演奏のために製作されたポジティフ(横田宗隆製作)完成お披露目
当日オーベルタンオルガンでトランペットボランタリーの演奏も予定しております。

2017年コンサート予定
10月29日(日曜日)午後2時30分開演
波多野睦美(メゾ・ソプラノ)大萩康司(ギター)

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-06-07 20:32 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ5月コンサート 
2017年軽井沢コルネ古楽コンサート
騎士が歌う愛の叙情詩
~トリスタンとイゾルデの悲恋物語~
2017年 5月7日(日曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 コリーナ・マルティ クラヴィシンバルム/中世リコーダー
     西山まりえ 歌/中世ハープ/オルガネット
曲 目 散文 トリスタンより <ウィーン写本13世紀作者不詳> ほか
<愛から私の歌と涙が発し、そこから生まれて来るのです> トリスタンのメッセージより
竪琴は昔から人々に愛され、中世の時代には吟遊詩人のみならず、騎士や貴婦人たちにも広く奏されていました。ワーグナーのオペラ「トリスタン」はクラシック界でも有名な悲恋のオペラですが、元々この物語がヨーロッパ中に広く知れわったったのはもっと古い時代、13世紀から14世紀にかけてのことです。ウィーン写本「散文トリスタン」の中では、主人公トリスタンも恋人イズー(イゾルデ)も、お互いハープを歌い奏で、それを吟遊詩人に覚えさせて、遠く離れた場所に住む愛しい恋人へ密やかに自分の愛と旋律を託しています。いにしえの騎士たちが綴る〈音の恋文〉。それは雅で儚く、また強い決意を物語る見事な旋律です。世界的な活躍をする名手コリーナ・マルティと共に皆様にお届けします。
会 費 2500円
会 場 軽井沢コルネ音楽堂
長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229
普段、目にすることのない中世楽器による演奏
クラヴィシンバルムは14世紀の図面が発見され、再現された
チェンバロの前身、スイスから持参し日本で公開演奏
オルガネットは膝の上に載せ左手でふいごにより送風、
中世絵画に描かれたパイプオルガン登場。
 

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-04-18 21:54 | コンサートインフォ
軽井沢コルネ3月オルガンコンサート
オルガン コンサート
チェコ・プラハからフランスに学び
ヨーロッパで活躍の若きオルガニスト
2017年 3月11日(土曜日) 午後 2時30分 開演
演 奏 ルツィエ・ジャコヴァ
曲 目
J.S.バッハ (1685-1750) : ジーグ風フーガ ト長調 BWV 577
F.クープラン(1668-1733): 『教区のためのミサ』よ り
                「グラン・ジュによる奉献唱」
J.K.クハシュ (1751-1829) : ファンタジア ト短調
P.エベン (1929-2007)  : オルガンと朗読者のための
『地上の迷宮と心の楽園』よ り
               - 黄金時代の偽りの約束
               - 甘美な愛の鎖    他
会 費 2000円
会 場 軽井沢コルネ音楽堂 (フランス オーベルタン オルガン)
長野県北佐久郡軽井沢町富ヶ丘229
0267-44-1230 大澤
ルツィエ・ジャコヴァ  プロフィール
チェコ共和国リトミシュル生まれ。チェコを代表する作曲家スメタナの生家の建物の上階で育つ。
プラハ音楽アカデミーにて、オルガンをヤン・ホラとヤロスラフ・トゥーマに師事。在学中に
奨学金を得てハンブルク音楽演劇大学に留学、ヤン・エルンストに師事。各地の講習会に参加し、
研鑽を積む。さらにフランスに渡り、リオネル・アヴォ、さらにパリ国立高等音楽院の聴講生として、
ノートルダム大聖堂オルガニストのオリヴィエ・ラトリーと、ヴェルサイユ宮殿オルガニストのミシェル
・ブヴァールに師事。さらにトゥールーズ国立高等芸術院にてヴィレム・ヤンセンとミシェル・ブヴァ
ールに、チェンバロを宇山=ブヴァール康子に師事。2006年に一等賞を得て同校を修了。
その後、チェンバロの研鑽を積み、2014年にプラハ音楽アカデミーのチェンバロ科を修了。
チェコのテレビ・ラジオ局の番組に定期的に出演し、好評を博す。また、リトミシュル、チェスキー
・クルムロフでの定期的な音楽祭への出演をはじめ、スペイン(マドリッド、サンティアゴ・デ・
コンポステーラ)やメキシコの音楽祭でも演奏。ヨーロッパ各地でも活発な演奏活動を行っており、
特にフランスではパリ・ノートルダム大聖堂、ヴェルサイユ宮殿、トゥールーズのサン・セルナン
教会等で演奏した。

[PR]
# by karuizawa-cornet | 2017-02-20 16:18 | コンサートインフォ